大学生 消費者金融

大学生が消費者金融を利用する|どうしてもお金を借りたい

 

大学生は消費者金融からお金を借りることは出来るのでしょうか?

 

答えは、大学生でも消費者金融からお金を借りることが出来ます。

 

ただし申込みできる人は限られています。

 

大学生が利用するための条件

 

申込み条件1

 

年齢は、20歳以上となります。
未成年は、申し込むことが出来ません。

 

申込み条件2

 

学業とは別に、就業していて収入がある方

 

アルバイトをしていて、収入がある方なら
申し込むことが出来ます。

 

親からの仕送りのみの場合は、申込みできません。
いくら多額の仕送りでも、本人の収入ではないで
申込みは出来ません。

 

未成年の方は
アルバイトをしていて収入があっても
年齢制限で申し込むことが出来ません。

 

 

申込み条件の1と2を満たした方なら
消費者金融へ申し込むことができて
審査を受けることが出来ます。

 

いくら借りられるのか?

 

法律により、消費者金融での借り入れ限度額は
年収の3分の1までと決まっています。

 

例えば、年収が30万円の場合
3分の1つまり10万円までしか
お借り入れすることが出来ません。

 

また、はじめての場合は、お借入限度額が低く設定されます。
なぜなら、借り入れや返済の取引実績がないからです。

 

遅滞なく返済したりなど今後の利用状況に応じて
借入限度額が増額されていきます。

 

総額されても最大で年収の3分の1までとなります。

 

審査の際にバイト先へ電話連絡が入る?

 

審査の項目として
実際に就業しているかの確認を行ないます。

 

消費者金融のほうから、個人名でバイト先へ
在籍しているかの確認をするため電話をかけます。

 

会社名を伏せてくれるので、まず知られる心配はありません。
オペレーターの方が配慮してくれます。

 

この在籍確認が出来ないと審査に通りません
当然、お借り入れをすることが出来ません。

 

就職の際に影響がある?

 

銀行から借りても
消費者金融から借りても
自動車学校の免許ローンを利用しても

 

公的機関(CIC、JICC)に、
お金を借りたという利用実績は残ります。

 

公的機関(CIC、JICC)に問い合わせをすれば
お借り入れしているかの実績を照会することが出来ます。

 

どうしても心配なら利用を控えたほうがいいでしょう。

 

 

でも、情報の開示をするには

 

個人信用情報を取得するためには
個人の同意が必要となるので
就職先も勝手に調べることができません。

 

借り入れしたことが就職のマイナスになる、
影響がでるとは考えられません。